併催プログラム


企画展示

進化し続けるIoTプラットフォームで『つながる』を推進
東新展示棟 東7ホール

Industrie 4.0やわが国のConnected Industries構想に見るがごとく、工作機械業界は、「新たな情報化の時代」に直面しています。ものづくりと情報の融合化が、一段と急速に進展しつつある中、工作機械を中心とした設備の稼働状況をリアルタイムに把握することが、新時代対応への第一歩と言えます。

「つなぐ」をキーワードとした今回のJIMTOFでは、すでに実用段階に入った各社のIoTプラットフォーム(基盤)を活用して、会場内の展示機と企画展示ブースを接続し、その稼働状況等の情報を大型モニターに表示するなどして、IoTの一端を実感いただきます。共有/協調/競争領域のうち、共通情報の相互有効利用の可能性を例示して、工作機械ユーザーのIoT導入機運を高めて参ります。

<協力:一般社団法人日本工作機械工業会 協力会員企業>

特別展示

未来に勝つために。
~革新と進化を続けるモータースポーツのものづくり~
西展示棟 西3ホール

モータースポーツの現場で活躍している、Honda製のレーシングマシンとエンジンの特別展示を実施します。その高い技術を活かし洗練された製品を、会期を通してご覧いただけます。

『なぜレースに挑戦するのか。それは、過酷なレースのなかでこそ、技術が、情熱が磨きあげられると信じているから。』創業者である本田宗一郎が「レースは、走る実験室」という言葉を残しているように。 これまでも、これからも決して変わることのないHondaDNA 。 走ることで、勝負することで、勝利にこだわることで未来を切り拓いていく。Hondaはこれからも挑戦しつづけます。
<協力:本田技研工業株式会社>
NSX-GT(SUPER GT参戦車両)

F1パワーユニット(RA617H)